白内障の濁り方

白内障と一口に言っても初期の状態から末期の状態までさまざまです。

白内障とは目の中にあるレンズが透明な状態から徐々に白く濁る病気です。年を重ねれば誰もがなる現象なので病気というよりは老化現象と言ったほうがいいかもしれません。

興味深いのは、白内障の濁り方や視力と患者さんが感じる不自由の程度が必ずしも一致しないということです。視力がさほど悪くないけれども患者さんの視力低下感が強く手術を希望される場合もあれば、視力も落ちていてかなり強い濁りが確認できたので手術をお勧めしても患者さんは不自由を感じていない為手術を希望されないこともあります。

今日は白内障の濁り方、様々なタイプを解説します。

皮質白内障スリット 皮質白内障

【皮質白内障】水晶体が不規則に濁るタイプの白内障です。霞む、眩しいといった症状が出やすいのですが、中心部分の濁りが少ない場合は自覚症状は少ないこともあります。

 

核白内障 核白内障スリット

【核白内障】水晶体の中身が均一に濁るタイプの白内障です。眩しさはあまり感じませんが薄暗く感じることが多い様です。妙な表現ですが、綺麗に濁るのであまり不自由を感じないことも多いです。この濁り方は近視が進みやすいことが特長です。

 

後嚢下白内障 後嚢下白内障スリット

【後嚢下白内障】水晶体の奥側、特に中心から濁るタイプの白内 障です。全体の濁りは軽度でも、このタイプの濁り方があると、自覚症状が強く出やすい傾向があります。内科の治療でステロイドを使用していると生じやすい濁り方です。

 

過熟白内障 褐色白内障スリット

【過熟白内障】【褐色白内障】かなり進行した白内障で、写真の通り真っ白に濁ります。白く濁るタイプの他に茶褐色に濁るタイプのものもあります。真っ白に濁るタイプの白内障に比べて褐色に濁るタイプの白内障はとても硬くなっているため通常よりも手術時間が長くなることがあります。

過熟白内障、褐色白内障を除けば基本的にどのタイプの濁り方でも手術方法は同じです。ただあまり放置しておくと手術時間が長くなったり通常よりも傷口を大きくする必要も出てきます。もちろん、不自由を感じないうちは手術を急ぐ必要はありませんが、見にくさを感じる様であれば自分がどの程度進行した白内障なのか、どのタイプなのかを知っておくことは大切だと思います。

実際に行う手術についてはこちらをごらんください。

手術前の診察や検査はこちら→

実際に行う手術はこちら→