飛蚊症は外来でもよく遭遇する症状です。

飛蚊症とは、視界のなかにあたかも虫やゴミのようなものが浮かんで漂って見える症状です。ある年齢になると誰にでも起こりうる症状でほとんどの場合病的なものではないため治療は必要ありません。「心配いりません、そのうち症状も和らいで気にならなくなりますよ」と説明しても、人によってはかなり鬱陶しく感じるため症状を和らげる薬がないことを説明するとがっかりされて帰る方も多く申し訳なく感じることもしばしばです。

ほとんどの場合、心配はいらない飛蚊症ですが、なかには網膜剥離や眼底出血などの初期症状として現れることもあります。そのため飛蚊症を自覚し、その量が急激に増えているようであればできるだけ早くに眼科で散瞳して眼底検査を受けることをお勧めします。

裂孔レーザー前2 裂孔レーザー前1

これは飛蚊症を自覚し他院を受診したところ両眼の網膜剥離を指摘され当院を紹介された患者さんの眼底写真です。赤い線で囲んだ部分が網膜が裂けたところ、その周りの青く囲んだ部分が網膜が剥がれてしまった部分です。写真をみると剥がれた場所は他の部分よりも少し色が薄くなり白く変色して見えます。これぐらい剥がれていると、レーザー治療で様子みるか、手術を行って直すか迷うところです。実はこの方は反対眼がすでに手術が必要なほど網膜剥離が進行していたため、こちらの眼は一度レーザーで様子を見て、進行するようであれば手術を行う方針となりました。

 

裂孔レーザー後3 裂孔レーザー後2

これはレーザー直後の眼底写真です。白い斑点のように見えるのがレーザーの跡です。

裂孔レーザー後1ヶ月2

レーザーを行って一ヶ月経つとこのように斑点の色は灰色に変色します。ここまでくると網膜の癒着力は完成し網膜剥離が進行することは防ぐことができます。その後2年ほど経過していますが剥がれている範囲はレーザーで囲んだ部分の内側に留まり落ち着いています。これが仮にもっと時間が経ってからの受診であった場合両眼とも手術が必要であったかもしれません。

飛蚊症の多くは眼球の老化現象によるもので治療の必要はなく時間とともの症状は軽減していきます。しかしこのような病気の初期症状のこともあります。飛蚊症の量に急激な変化を感じた場合は早めに受診し散瞳検査を受けることをお勧めいたします。