結膜下出血とは眼球表面の毛細血管が破けることで白目の部分が真っ赤になる現象です。若い人であれば目を殴られたり、物がぶつかったりといった外部からの衝撃によって起こります。お年寄りになると毛細血管が弱くなるため、外からの刺激がなくても自然に毛細血管が破けることは珍しくありません。見た目には結構派手に赤くなるためにびっくりして外来を受診される方も多いです。

細菌やウイルスによる感染による充血やぶどう膜炎などの炎症による充血と違い、目やに・痛み・視力低下などの症状は伴わず、ただ単に白目が赤くなるだけなのがこの結膜下出血の特徴です。出血により多少白目が盛り上がるため違和感異物感を感じることはあるかもしれません。

1〜2週間もすれば自然に治癒し、視力低下などの後遺症も残しません。よほど出血が多い場合は内服薬を出す場合もありますが基本的には何もお薬は必要ありません。

結膜下出血3 結膜下出血2 結膜下出血1