緑内障は「日本での失明原因の1位で、40歳以上の20人に一人がかかる病気」といわれています。これだけを聞くととても恐ろしい病気のように聞こえますが、昔に比べて早期発見が可能になり、また治療薬も以前に比べて格段に増えて効果も上がっているため実際にはそこまで恐い病気ではありません。ただし、一度進行してしまった緑内障の症状は元には戻らないため発見が遅れると失明の危険性もある重要な病気であることには変わりありません。今日は、緑内障が見つかるきっかけから診断に至るまでの話をいたします。

緑内障の症状は視野(見える範囲)が周辺から非常にゆっくりと欠けていく病気です。進行がゆっくりなため初期の段階では自覚症状で気がつくことはとても困難です。また、普段両目で生活しているため、仮に片方がかなり進行した緑内障で見える範囲が狭くなっていても反対目で見えない範囲をカバーしてしまうためやはり症状が出にくいことが多いです。

そんな初期症状を自覚しにくい緑内障ですが、最近は人間ドックや健康診断で行われる眼底写真検査で異常を指摘され緑内障発見のきっかけになることも多いです。また全く緑内障とは関係無い目やに・充血・目のかゆみなどの症状で眼科を受診した時に念のために行った眼底検査で見つかることもあります。ご高齢の方は視力低下を自覚して、ご自身は白内障だと思って受診したら実は緑内障でしたということもあります。

それでは眼科医は眼底写真の判定や眼底検査の時に何を見て緑内障と判断をしているのでしょうか。これから説明していきます。

緑内障視神経変化

緑内障による視神経の変化(右:正常、真ん中:中期、右側:末期)を写真に並べてみました。視神経の真ん中の部分はヘソのように少し凹んでいます。緑内障になるとこの凹んだ部分が徐々に拡大していきます。

緑内障視神経変化シェーマあり

少し分かりやすくするために、凹んだ部分を青く囲んでみました。私たち眼科医は眼底検査もしくは写真判定でこのような観点で視神経を観察して緑内障かそうでないかを判断します。

d-OCT

さらにOCTという機械を使って視神経の形を解析します。赤く表示されている部分が神経が萎縮している部分です。OCTは初期の視神経の変化も捉えられるため緑内障の早期発見に役立っています。また、白内障によって視神経を直接観察することが難しい場合や、車で来院しているため散瞳できず観察条件が悪い場合の診断にも役立ちます。

視神経の形から緑内障が疑われた場合、視野検査を行って実際に見える範囲に異常がないかを調べます。

緑内障視野の変化

これが視野検査の結果です。視野検査では視野が欠けた部分つまり見えなくなった部分が黒く表示されます。左上が正常な視野で矢印の順に徐々に黒い部分が増えていくのがお分かり頂けると思います。一度欠けてしまった視野は元に戻ることはありません。したがってできるだけこの黒く欠けた部分が少ないうちに緑内障を見つけて治療を開始することがとても大事になります。

緑内障の治療は、目薬を使って眼圧を下げることで行います。治療についてはまた後日お話しする予定です。