糖尿病網膜症とは、糖尿病腎症、糖尿病神経症とならんで糖尿病の三大合併症の一つとされています。日本人の失明原因の1位2位を緑内障と争う、重要な病気であります。

糖尿病になると、目の奥にある網膜の毛細血管がダメージを受けます。毛細血管が正常に機能しなくなると、血管の壁から血液成分が滲み出て網膜に出血をおこしたり、白い斑点のようなものが現れます。毛細血管の機能が低下することによって網膜に酸素を十分送り込むことができなくなると、その酸素不足を補うために新しい血管が勝手に作られます。この新しい血管を新生血管といいます。新生血管は生まれつきある毛細血管と違って急場しのぎで作られているため非常に脆く、すぐに破けてさらに大量の出血を引き起こします。さらに病状が進行すると増殖膜と呼ばれる白い膜が形成されます。この増殖膜は新生血管を引っ張りさらに大量の眼底出血の原因になりまる。増殖膜がさらに強くなると網膜を引っ張って網膜剥離を引き起こします。そしてさらにこの状態が放置されると失明をしてしまいます。

まとめると糖尿病網膜症は網膜出血・白斑(白い斑点)→新生血管→大量の眼底出血・網膜剥離と悪化をしていきます。糖尿病網膜症のこの一連の悪化を防ぐにはレーザー治療を行う必要があります。レーザーで進行が止まらない場合は手術が必要になりますが、重症化した糖尿病網膜症の手術は非常に難しくなることが多く、また無事に手術が終わっても網膜の機能を十分に維持することができないことが多いため、できるだけ早い段階で治療を開始することが重要になります。

文字だけでは分かりにくいため、写真で順をおって説明していきます。

NAVIS_PIC-149181_2014-02-19_000

↑これは正常な眼底写真です

DMR出血と白斑

糖尿病を放置したままでいると知らないうちにこのような網膜出血や白斑と言われる変化が生じます。出血や白斑が起こる場所が網膜の真ん中(黄斑と呼ばれる場所です)から離れているとこれだけはっきりした変化が現れているにもかかわらず患者さんは視力低下を自覚しないことが多いです。ですので、内科で糖尿病の治療を受けていて見え方も不自由がないからと安心していると知らないうちに網膜症が進行していることも珍しくありません。糖尿病で眼科を受診していない人は必ず受診をしてください。さらに検診などで血糖値が高いことを指摘されているにもかかわらず内科も受診していない人はできるだけ早く内科を受診してください。

DMR新生血管

さらに網膜症が進行すると、新生血管が出来上がります。上の写真の四角の部分を拡大したさらに丸のなかに見えるのが新生血管です。正常な血管と違い、どちら向きに走っているのかわからない不規則な走行をしていて、網目のように見えます。

NAVIS_PIC-133404_2011-04-15_223

それでも放置していると、新生血管は網膜全体に広がっていきます。

NAVIS_PIC-137155_2011-12-28_000

視神経(真ん中より少し右にある丸い部分)に特に強い新生血管を認めもやがかかったように見えます。今にも大量の出血を起こしそうな状態です。

NAVIS_PIC-149269_2014-02-26_000

さらに進行すると網膜表面に増殖膜と呼ばれる白い膜が形成され、これが網膜や新生血管を引っ張ることによりさらに病状は悪化していきます。

NAVIS_PIC-144435_2013-04-16_001

増殖膜によって新生血管が引っ張られて破けてしまい、大量の眼底出血を生じています。

このように悪化してしまうと治療は非常に難しくなります。糖尿病網膜症の進行を止めるには、内科でしっかりと血糖値を管理することと、眼科で眼底検査を行い必要な時期にレーザー治療を行うことが必要になります。あまり進行してしまうとレーザーでは治療ができず手術が必要になりますので早期発見が大事です。先ほども述べたように、「見え方に不自由がない」ということは安心材料にはなりません。知らないうちに進行するのが糖尿病網膜症の厄介なところです。

レーザー治療や手術についてはまた後日お話しさせていただきます。