今日は白内障手術の具体的な方法を説明していきます。(手術前の検査や診察の流れはこちら→)。

切開の方法(傷の作り方)によって幾つかバリエーションがあるのですが、当院で最も一般的に行っている強角膜切開という方法での手術を説明していきます。手術は局所麻酔で10分程度です。

1手術開始前2テノン嚢下麻酔

手術開始直後にテノン嚢下麻酔という方法で目に麻酔を行います。結膜(目の表面の薄い粘膜)を一部切開して、尖っていない針を目の奥に挿入して麻酔薬を注入します。目の奥に麻酔を注入する時に鈍い痛みを感じることもありますが、その後は痛みを感じることはほとんどありません。テノン嚢下麻酔以外にも点眼麻酔(目薬だけの麻酔)で手術を行うことも可能ですが、痛みを抑える効果はテノン嚢下麻酔よりも若干劣るため、極端に痛がりの方や、近視の強い方、以前に他の目の手術を受けている方はテノン嚢下麻酔をお勧めしています。もちろん点眼麻酔を希望の方には可能な限りご希望の方法で対応いたします。

3CCC 3CCC シェーマあり

次に、水晶体の表面に円形の窓を作ります。写真ではちょっとわかりにくいため、表面のくりぬいた場所を青い丸で印をつけました。この操作を専門的な用語でCCCといいます。白内障手術は濁った水晶体を除去することが目的なのですが、実際は水晶体全てを除去するのではなく外側の透明な袋(水晶体嚢といいます)は残して、中の濁りだけを取り除いています。水晶体の袋をあえて残すのはこれが後で挿入する眼内レンズを目に固定するのに非常に重要な働きをするためです。

4強角膜切開 のコピー

そして、角膜と強膜の境界(白目と黒目の境目)に幅2.4mmの大きさの傷を作ります。これからこの傷口から様々な道具を抜き差しして水晶体を除去し、さらに新しい眼内レンズもここから挿入します。

5水晶体2分割

眼内に超音波を発振する道具を挿入します。これから水晶体の核と呼ばれる部分を除去していきます。この核の除去の仕方はいろんな方法(分割方、チョップ、プレチョップなどなど)がありますが、どの方法も特に優劣があるわけではなく、それぞれ手術を行う医師が慣れた方法で行へば手術の結果には影響しないと言われています。

6PEA

水晶体を真ん中で大きく二つに分割します。

7PEAその2

水晶体を回転させ、今度は4つに分割します。

8PEAその3

4つに分割した水晶体を超音波の振動によってさらに小さな破片に分解して吸引します。

9PEAその4

だいぶ水晶体がなくなってきました。

10 I:A

水晶体の中身の核と呼ばれる硬い部分が取れたら今度は、先端の尖っていない丸まった道具に持ち替えて、水晶体皮質と呼ばれる柔らかい部分を取り除きます。

11水晶体除去後

水晶体の中身が全て除去されました。

12 IOLインジェクター挿入

目の中に眼内レンズを挿入するところです。目の中に挿入するレンズは直径が6〜7mmのものが多いのですが、これを先ほど作った2.4mmの傷口から挿入するために一工夫が必要になります。何をするかというとレンズを筒状に丸めて挿入して目の中でレンズを開くということを行っています。眼内レンズが今のように折りたたむことができない頃(とは言っても、私が眼科医になるちょっと前、10数年も前の話です)は傷口を6mm程度に広げる必要がありましたが、今がレンズの素材が進歩したためにこのように小さな傷口で手術を行うことができるようになりました。

眼内レンズ挿入直後眼内レンズ開いている途中

挿入直後は筒状の眼内レンズが、徐々に開いていきます。

眼内レンズ拡大

眼内レンズが完全に開いた状態です。この後結膜(表面の薄い粘膜)を縫って手術は終了です。

最初にお話しした通り、通常手術時間は約10分です。手術直後〜翌日朝の診察までは眼帯で目をふさぎます。片目が不自由で手術した目を塞ぐことができない方の場合は透明な眼帯を用いるため手術後数時間で眼帯越しに見えるようになります。

今回は典型的な白内障手術を取り上げましたが、様々な合併症を抱えた特殊な方法については後日取り上げたいと思います。